共働き 4人家族 サラリーマンが株式投資で 億プレヤーを目指してみました

世の中のサラリーマンの多くは、決められた小遣いの中でやり取りしている。 多くの人はお金を消費・貯蓄に回し、投資はしない。 お金は使い方(投資)で無限の可能性があり、人生の選択肢を増す。このブログでは、投資に不安を持っている人へ1歩を踏み出すきっかけ、目標達成に向けての道筋を記録として残す。 ※その他、子供ネタ等の雑記も書きます。【目標】 40歳までに 小遣い・配当・臨時 収入を 20万/月 を目指す 現在地(2019年1月27日 35歳)小遣い:4万、配当2.15万、その他4.25万、合計:10.4万円

現在の資産と配当金(2021年5月末時点)

3ヵ月ぶりの更新になります。(笑)

ブログ更新をサボり最近 語学の勉強に力を入れていました。(笑)

 

保有する株式(現金含む)の最新の含み損益は、以下の通りになります。

日本の景気は、落ち込んでいるのに株高の影響で過去最高を更新しています。

 

配当金も前年同月比+35[%](21年1月~5月配当受取額28.1[万円])で順調に増えています。今年目標「〇」は、達成できるか/できないかのボーダーラインです。

 

【評価基準】
◎:配当金90万円/年 達成
○:配当金80万円/年 達成 ※目標値は、ここに設定
△:配当金70万円/年 達成 ※昨年度実績額相当 
✕:配当金70万円/年 以下

 ※昨年度(2020年)配当金実績は、68.1万円

 

【2021年5月末時点収支】

f:id:takayuki23:20210529104652p:plain

 

 【2021年度配当金5月末時点】

f:id:takayuki23:20210529105702p:plain

 

f:id:takayuki23:20210529105809p:plain

 

 

2021年2月度配当金

2021年2月度配当金は、以下のようになります。

 

35,948[円](前年26,817[円])だったため、昨年度比のUp率は+34[%]になります。

※内訳は、以下に示します。

 

今年、配当金80[万円/年]を達成するために、1月下旬と2月初旬で大幅な買換えを実施しました。低配当のものを切捨て高配当銘柄を購入。配当金予定金額は目標立案時は58.6万円/年(税込)に対し、75.5万円/年(税込)の見込みになります。

 

2月の日本株の配当金が少なかったため、2月8月に配当金がもらえるJリートも購入しました。

 

  【評価基準】
◎:配当金90万円/年 達成
○:配当金80万円/年 達成 ※目標値は、ここに設定
△:配当金70万円/年 達成 ※昨年度実績額相当 
✕:配当金70万円/年 以下

 ※昨年度(2020年)配当金実績は、68.1万円

 

www.takayuki23.work

 

【2021年2月配当金】 

日本株式一式    6,363円

(大江戸温泉リート)

 

米国株一式                29,585

(米国株一式:ABBV,BTI,GIS,PFF,AT,VZ) ※1$104.79円にて試算

                   合計: 35,948 [円]

  

 【2021年配当金受領総額(2月)】

81,180円(昨年度比31%UP)

※昨年1時点度累計 :61,985円

 

【年度別 配当金】

f:id:takayuki23:20210227163354p:plain

現在の資産(2021年2月末時点)

保有する株式(現金含む)の最新の含み損益は、以下の通りになります。

  

現状、23,475,490円で 先月比+7.25[%](+158.6万円)になります。

日経平均、NY ダウ平均、リート市場において、先月比を大きく上回っています。25日木曜日は自己最高の2,400万円に行ったのですが、金曜日に日経が大きく落ち込み2,300万円で落ち着きました。金曜日の日経平均の落ち込みを見ると、来月も静観の状態になりそうです。

 

【資産割合及び先月比】 

f:id:takayuki23:20210227162224p:plain

日経平均、NYダウ、東証リート 先月比】

f:id:takayuki23:20210227162303p:plain

 

今月は、1,500株所持している レントラックス株が決算発表で上方修正をしました。数少ないキャピタルゲインを狙っている中小型株なので、今後も頑張ってくれればと思っております。

 

2021年1月度配当金

2021年1月度配当金は、以下のようになります。

 

45,231[円](前年35,168[円])だったため、昨年度比のUp率は+64[%]になります。

※内訳は、以下に示します。

 

今年、配当金80[万円/年]を達成するために、1月下旬と2月初旬で大幅な買換えを実施しました。低配当のものを切捨て高配当銘柄を購入。配当金予定金額は58.6万円/年(税込)に対し、どこまで頑張ってくれるか楽しみです。

 

  【評価基準】
◎:配当金90万円/年 達成
○:配当金80万円/年 達成 ※目標値は、ここに設定
△:配当金70万円/年 達成 ※昨年度実績額相当 
✕:配当金70万円/年 以下

 ※昨年度(2020年)配当金実績は、68.1万円

 

www.takayuki23.work

 

【2021年1月配当金】

 

日本株式一式    31,614円

(星野リゾート、トーセイ・リート、投資法人みらい)

 

米国株一式                13,617

(米国株一式:HSBC,MO,BCE) ※1$103.83円にて試算

                   合計: 45,231 [円]

  

 【2021年配当金受領総額(1月)】

45,231円(昨年度比64%UP)

※昨年1時点度累計 :35,168円

 

【年度別 配当金】

f:id:takayuki23:20210206082436p:plain

 

現在の資産(2021年1月末時点)

保有する株式(現金含む)の最新の含み損益は、以下の通りになります。

  

現状、21,889,506円で 先月比+3.16[%](+67.0万円)になります。

日経平均とリート市場が好調でプラスになりました。幸先のいいスタートです。

 

【資産割合及び先月比】 

f:id:takayuki23:20210206080902p:plain

日経平均、NYダウ、東証リート 先月比】

f:id:takayuki23:20210206080956p:plain

 

日経平均もNY ダウ平均も上がりっぱなしで売り時と考えており、配当利回りの低いもの(日本株)をリートに移し替えています。

リートは去年の高値に戻り切れていないので、もう少し上がるのではと考えています。

 

来週は、中小小型株 レントラックス(保有株:1500株)の決算発表となっており、サプライズ決算になってくれないかと思っております。

 

2021年配当金投資目標について

2021年 年間配当金(税込)目標を 80万円/年 (税込)に定めました。
※2020年度の配当金受取額は、68.1万円/年(税込)で前年比+17.5%増えなければなりません。現時点における保有銘柄の配当金予定金額は58.6万円/年(税込)なので、400万円近く新規高配当株購入もしくは買換えが必要になってきます。
昨年(2020年)に大部分の株において買換えのメスを実施したため、今年も相当頑張らないと達成できないと思っています。
買換え候補案については、下記に記載。
今は、株価が全体的に高い状況なので、静観の方針としています。

80[万円/年]が達成できれば、大台の 100[万円/年]も見えてきます。

【昨年(2020年)の配当金 目標立案】
www.takayuki23.work

【昨年(2020年)の配当金総額】
www.takayuki23.work

上記の目標に対し、以下の基準を設定し2021年 年末に自己評価したいと思います。
目標達成の施策は以下に記載します。

【評価基準】
◎:配当金90万円/年 達成
○:配当金80万円/年 達成 ※目標値は、ここに設定
△:配当金70万円/年 達成 ※昨年度実績額相当 
✕:配当金70万円/年 以下

計画として、保有銘柄 300万円分を「買替」、100万円分を「新規購入」したいと思っておりますが、株価が高いうちは動きたくはないと考えています。
目標達成する上での最大のポイントは、動きをかけるタイミングになってくると考えています。

「買替」及び「新規購入」は、いづれも高配当株(配当利回り5%以上を狙う)を購入しようと考えてますが、暴落が発生した際には、増配安定株を狙っていくことは視野に入れています。

【買替候補】
買替候補(配当利回り) 取得額(万円)評価額(万円)21年1月5日時点
レントラックス(1.6)   112      115
日野自動車(1.2)     28       17
パーク24(0.3)      26       17
手持ち(2021 1/4時点)  166      166 
合計(買換え)        332 315

新規(配当金+小遣い) 110 110
総合計(新規含む)      442 425     
※新規内訳(配当70、ボーナス20、毎月小遣い20)
※レントラックス株 は、中小型株のグロース株として保有しております。
 21年1月22日に月次 発表があり、前年比大幅高となれば、3ヵ月連続の大幅増になり、株価が爆発しそうな気がします。
 上方修正の情報開示も可能性としてあります。

2020年 資産 振返り

2020年末資産を2019年末資産と比較し振りかえります。

2020年末は21,483,165[円]になりました。

 

1年前と比較し、2,097,964[円](10.8[%])増えております。

UP 要因のざっくりな内訳ですが、①配当金68[万円]、②小遣い68[万円]、③65[万円]株高になります。

 

今年はこれまでの年と比較し、UP要因の配当金の比率が非常に高くなっています。配当金の福利効果が大きくなってきている実感しております。

※2019年に巻いた種(高配当株購入)が花咲(配当金)きました。

 

資産の内訳の特徴としては、日本株を売却し、高配当米国株を意図的に購入しました。日本株の比率が9[%]Down、米国株の比率が9[%]Up しています。

 

今後の投資方針は、未確定で決めかねています。

 

現在は日経が高すぎるため、警戒をしております。

本日も日本政府が緊急事態宣言を検討するとのニュースを出て配当利回りの低い株を売却し、買付余力を10[%]程度まで保持しています。

 

株価が大きく下がれば、追加購入を検討していきたいと思います。

 

最後になりますが、更新頻度はそんなに多くないですが、今年もこのブログを宜しくお願いします。

 

【2019年 Vs 2020年 資産比較】

f:id:takayuki23:20210104131112p:plain

 

【2019年末資産 記事】

www.takayuki23.work